本文へスキップ

尊厳死(そんげんし)とは?


尊厳死(そんげんし)とは人間(にんげん)が「人間(にんげん)としての尊厳(そんげん)」を(たも)って(また)(たも)つために()(のぞ)むことをいいます。

つまり、終末期患者自身(しゅうまつきかんじゃじしん)延命措置(えんめいそち)(のぞ)まない場合(ばあい)医師(いし)患者(かんじゃ)から延命装置(えんめいそち)()(はず)しても(つみ)()われないと()うものです。


国会(こっかい)でこの法律(ほうりつ)が「尊厳死法案(そんげんしほうあん)」としてを提出(ていしゅつ)すること検討(けんとう)しています。

これにより、もし法制化(ほうせいか)された場合(ばあい)(つぎ)のような(こと)(かんが)えられます。

・「尊厳死(そんげんし)強要(きょうよう)される可能性(かのうせい)がある」


・「尊厳死(そんげんし)()せかけた殺人(さつじん)()こる可能性(かのうせい)がある」

・「一律(いちりつ)(はか)れない終末期(しゅうまつき)をどう定義(ていぎ)するのか」


(など)()げられます。むしろ、そもそも人間(にんげん)()法律(ほうりつ)()必要(ひつよう)がないのです。

この尊厳死(そんげんし)法制化(ほうせいか)されるに(ともな)い、重度障(じゅうどしょう)がい(しゃ)(いま)よりも(なお)地域(ちいき)()らしにくくなると(かんが)え、

CIL北見(きたみ)では尊厳死(そんげんし)法制化(ほうせいか)反対(はんたい)しています。


尊厳死(そんげんし)について(くわ)しく()りたい(かた)こちらもご(らん)ください。


contents